脂肪溶解注射

脂肪溶解注射 完全ガイド

部分痩せ・痩身術・脂肪吸引と言えば、実績NO.1は
全国27店舗展開している美容整形クリニック<湘南美容外科クリニック>
美容整形

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射とは?

メスを使うことなく脂肪を取り除くことが出来ると話題になっている脂肪溶解注射とは、運動ではなかなか取りずらい箇所の脂肪を、直接脂肪細胞に薬剤を注射して脂肪を溶かし流しだすものです。

カニューレという細い管を使って脂肪を吸引するものに比べれば、一度に取り除ける脂肪の量は少ないですが、脂肪溶解注射とは体を傷つけないより安全な方法で脂肪を取り除けるものです。

脂肪溶解注射は痩せたい部分をピンポイントで少しずつ治療する事が可能なので、人に知られること無く徐々に脂肪を取り除き理想の体型や顔を作って行くことができます。

治療に掛かる時間はほんの10分から15分です。

肪溶解注射とはメスを使わない体に負担をかけない安全な痩身技術と言って良いでしょう。

湘南美容外科クリニックには多くの人たちが評判を聞いて手術を受けに来ています。

さらに詳しくはこちら

 

リジェンスリムとは?

リジェンスリムは脂肪溶解注射の一種です。

リジェンスリムではまず、ホスファチジルコリンという主成分が脂肪細胞の細胞膜に働き、脂肪を分解します。

そして、Lカルニチンとインスリン類似成長因子が脂肪の代謝を促進します。

3つの主成分がそれぞれの働きをして、このサイクルで効果的に脂肪を燃焼させます。

リジェンスリムは大豆のアレルギーがある方にもご使用いただけます。

主成分のホスファチジルコリンが、豆由来の成分でないためです。

また、従来の脂肪溶解注射に比べて、施術後の腫れが少ないのも特徴です。

デオキシコール酸をもたないためです。

ヨーロッパCEで認証され、EU加盟国での基準を満たす安全性があります。

ホスファチジルコリンは脂肪細胞を分解し、Lカルニチンは脂肪の代謝を促し、インスリン類似成長因子は基礎代謝を大きくします。

3つの成分の働きで、脂肪の燃焼がよりすすんで、脂肪が減っていくのです。

注射した部位の部分痩せができます。

場合によってはボトックス注射やCETと一緒に使うことで、より効果的にやせることができます。

注射したあと、1ヶ月くらいで効果が分かるでしょう。

1、2週間ごとに3回から5回注射を打つと良いでしょう。

脂肪を減らしたいけれども、手術で脂肪を取るほどではない、手術はしたくないという方には、この脂肪溶解注射リジェンスリムがおすすめです。

効果についてですが、根本的に脂肪をなくすものではないので、脂肪吸引手術ほどの効果は見込めません。

また、人によっても効果の現れ方が異なります。

 

脂肪融解注射をおすすめする方

全体的に皮下脂肪が多いというわけではなく、一部に多くついていて、部分痩せをしたいと思っている方

たるみが出ているような部分、例えば脇腹や太ももの内側、二の腕など)指でつまんでみて柔らかい部位、また温かい部位には、高い効果が見込めます。

硬い部位、冷たい部位にはあまり効果が見込めません。

冷たい部位は代謝が悪く、注射の回数を増やす対策をとります。

CETを一緒に使うと代謝を助ける働きをします。

 

顔のたるみなど顔面の皮下脂肪を取りたいと思っている方

顔面は血流がたくさんあり、代謝がよいので、注射の効果が出やすくなります。

CETと一緒に使うことで内出血や腫れを抑えるといいでしょう。

さらに詳しくはこちら

 

脂肪溶解注射を行う主な部位

脂肪溶解注射はダウンタイムも少なく施術後のリバウンドが無いと人気が出ています。

脂肪吸引はカニューレと言う細い管を使って一度にたくさんの量の脂肪を取り除くことができて劇的な変化を実感する事ができますが、脂肪溶解注射では1回に取れる脂肪の量は少ないものの、皮下脂肪が薄い部位に治療が可能な為に鼻や顎、また瞼など顔のプチ整形に使われる事が多いようです。

脂肪溶解注射は太ももやお腹と言った部位にも治療は可能です。

ただし1回に3本ほどの注射、状況を判断しながら回数を重ねる必要があります。

それでも体に傷を付けずに自然な形で希望のスタイルを手に入れられると人気があります。

湘南美容外科クリニックでは脂肪溶解注射の長所、短所をしっかりと説明した上でその人にあった施術を行っています。

 

二の腕への脂肪溶解注射

脂肪融解注射は、二の腕のように柔らかい部位に効果を発揮します。

湘南美容外科では6回セットで、露出しても恥ずかしくない、細くきれいな二の腕を実現します。

「振袖」になる部分はもちろん、腕の付け根のたくましい脂肪までなくします。

患者様の希望に沿って、脂肪を落とすことができます。

 

背中への脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は、わき腹や背中のたるんだ部分の脂肪をとるのに、適した施術方法です。

ちょっとした部分ではあるけれど、見た目に大きな影響がある部分なので、すっきりしたいとお考えの方も多い部位です。

わき腹の肉をとれば、くびれもできますね。

6回セットの施術で、多くの患者様が細くなる効果を感じていらっしゃいます。

 

お腹への脂肪溶解注射

お腹周りの脂肪を気にされる方は多いものです。

食事に気をつけなければ、すぐに脂肪がつくような部位です。

年齢を重ねるとさらに脂肪がつきやすくなります。

一口にお腹といっても、面積が広く、脂肪がつく場所は人によって違います。

施術をするにあたっては、きれいな仕上がりになるように施術を行います。

脂肪の量が多い場合は、脂肪吸引のほうが費用が安く、確実な効果がありますが、注射でも回数を重ねれば、しっかり効果はでます。

少しずつでも自然に着実に脂肪をとることができます。

 

お尻への脂肪溶解注射

お尻の大きさを気にする人もたくさんいます。

全体的に脂肪をとると、小さなお尻になることができます。

お尻の肉が垂れているときは、その部分に施術をして脂肪をとれば、キュッと引き締まったきれいなお尻に見えます。

脂肪を取りたい部分に合わせて、注射を打つ位置を変え、美しいラインを出せるように計算をし、施術を行います。

 

太ももへの脂肪溶解注射

太ももは脂肪のつきやすい部位です。

多くの人が気にしています。

しかし、脂肪のつき方は人によって違います。

ももの内側や後ろ側など、気にする部分が違うのです。

きれいでほっそりした脚にするために、立体的にデザインを考え、どこの脂肪を減らすか考えたうえで施術を行います。

 

ふくらはぎへの脂肪溶解注射

ふくらはぎが太いのは、大部分が皮下脂肪によるものか筋肉によるものか、です。

皮下脂肪により太くなっているのであれば、脂肪溶解注射の施術により細くすることができます。

 

脂肪融解注射の注射後の経過

脂肪融解注射をした後は、痛みや腫れがあります。

内出血が出ることもあります。

CET(高周波電気温熱治療)を使うと、痛みや腫れが早く収まり、脂肪を融解させる効果を高めることができます。

腫れは5日くらいでひいてくると思いますので、そのあたりでマッサージを始めます。

皮膚の下に塊を感じることもありますが、マッサージを続けるうちに柔らかくなります。

施術のサイクルについては、1週間おきに3回から5回の施術をお勧めしています。

さらに詳しくはこちら

 

脂肪溶解注射のデメリット

脂肪吸引ほどの劇的な効果は無い

脂肪溶解注射は注射を打つことにより、その部分の脂肪をとることができますが、脂肪を直接取り除いてしまう脂肪吸引手術ほどの効果があるわけではありません。

効果には個人差もあり、効果を感じられない人もいます。

定期的に治療をして回数を重ねていきますが、他の治療法に変える必要がある方もいらっしゃいます。

 

皮膚の表面に不自然になることがある

脂肪溶解注射は、注射で脂肪を減らしていく施術ですが、注射の液を入れる箇所や入れ方によって、皮膚の表面の自然ななめらかさがなくなります。

医師の技量が問われる施術です。

 

脂肪溶解注射の成分

体や顔にメスを入れ無いので、体に負担を掛けずにプチ整形が出来ると人気があるのが脂肪溶解注射です。

脂肪溶解注射は脂肪に直接薬剤を注射して脂肪を破壊していくもので、施術後に起こるダウンタイムも短く1週間から2週間で効果を実感できます。

1回1回の脂肪溶解注射では手のひらサイズの脂肪を破壊して体外に排出するものです。

この脂肪溶解注射の気になる成分は何でしょう。

脂肪溶解注射の主な成分はアミノ酸の一種であるレシチンです。

アミノ酸に含まれている成分フォスファチジルコリンが脂肪細胞を破壊し、すばやく尿や汗と言った形で体の外に排出します。

この働きが施術後のダウンタイムも短く早く効果を実感できる要因です。

湘南美容外科クリニックでは純度が高いフォスファチジルコリンを使用し安全に施術が行えるようにしています。

 

脂肪溶解注射とボトックスの違い

脂肪溶解注射もボトックスも両方とも注射を使って医師による施術になります。

しかし脂肪溶解注射とボトックスはその目的も効果も大きく違いがあります。

ボトックスは筋肉の動きを止める薬剤で、1回の注射で約4ヶ月の効果があり、定期的に施術を受ける事でシワを無くすものです。

脂肪溶解注射は脂肪の細胞にダイレクトに働きかけることで脂肪を分解し、老廃物やセルライトと共に排出するものです。

脂肪の細胞の数が少なくなるので施術後も太りにくくリバウンドする事がなくその効果は半永久的に続きます。

この様に脂肪溶解注射とボトックスには違いがあります。

脂肪溶解注射は余分な脂肪を取りのぞき、肌の細胞を新しくする働きがあるので肌に張りがでてシワがなくなると言った場合もあります。

湘南美容外科クリニックではどちらの治療に関しても担当医が術後のフォローまでしっかりと行い安心だと言われています。

さらに詳しくはこちら

 

湘南美容外科クリニックの脂肪溶解注射の料金と実際に受けた方の口コミ

湘南美容外科クリニックの脂肪溶解注射(リジェンスリム)は、1回(手のひらサイズ)で9310円(税込み)となっています。

 

ホホ 49歳 女性(北海道)のケース

先生が良い方で、私の顔全体を詳しく診て下さり、今回の脂肪溶解でどの程度の効果があるか私の希望を聞いて下さりながらアドバイスを頂けて良かったです。

6回の施術中に違う部位の施術もついでにして下さって至れり尽くせりでした。

徐々に顔が若返ってきてるなと鏡を見ながらついニヤッとしてしまいます。

 

アゴ下 35歳 女性(神奈川県)のケース

30代になってから痩せにくくなったせいか、アゴの下の肉が増えて二重あごになってしまいました。

何とかしたいと思っていましたが、脂肪吸引だと切ったりして傷や痣が残ってしまうんじゃ…と見えるところなので余計に悩んでいました。

その時に脂肪溶解注射を知り、やってみることにしました。

注射後は痣が何箇所か出来てしまいましたが、2回目からは先生が痣の出来にくい所に注射して下さり、お陰様で誰にも気付かれることはありませんでした。

痛みは注射なのでやっぱりありますが、腫れはありませんでした。

効果は徐々に出てくるので、実感が湧きにくいのですが、写真で見るとスッキリしてきているのがわかりました。

 

顎 23歳 女性(北海道)のケース

太ると顔のアゴにすぐ肉がついて丸顔になってしまうのが気になっていました。

インターネットで調べていると丁度モニターを見て、思い切って受けました。

注射は歯医者の時の麻酔の痛みに似ていて、グッと手に力が入りました。

施術を受けて気持ちが上がったせいか、ダイエットにも力が入り2キロ痩せれました。

そのせいかアゴがだいぶスッキリしたように感じます!施術後すぐは浮腫んだような腫れがありましたが、ちゃんと効果が出てくれて満足です!

 

二の腕と脚 22歳 女性(東京都)のケース

前に顔の脂肪溶解を受けた時に、かなりの効果が出てビックリしました。

こんなに効果があるならと二の腕(2クール)と足(1クール)の脂肪溶解もお任せしました。

足はそこまで太くないので少し効果が出ればいいやと思っていましたが、友達から「足が細くなった!」と言われて嬉しかったです。

でも腕のほうは、2クールした割には足や顔ほどの効果は感じられませんでした。

マッサージも続けながら様子を見たいと思います。

最近になって効果の大きかった顔が、少しずつ元に戻り始めています。

効果の出やすい所は、頑張らないと効果が薄れやすいのかもしれません。

公式ホームページでさらに多くの口コミを読む

 

 

湘南美容外科クリニックの脂肪溶解注射

湘南美容外科クリニックでは、脂肪溶解注射以外でも、脂肪吸引(美ボディ脂肪吸引、根こそぎボディジェット、ベイザー脂肪吸引、4Dスカルプ、ライポマティック等)、BNLS注射、ボトックス、サーミRF、ヴェラシェイプ、エクシリス、リポコントラストなどの治療法により、顔、あご、頬、フェイスライン、胸、上腕、二の腕、ウエスト、腰、お尻、足、太もも、内もも、膝、ふくらはぎ、背中、お腹、下腹などの部位を、痩身治療が受けられます。

 

詳しくは、湘南美容外科クリニックにお問い合わせください。

 

湘南美容外科クリニックは、新宿本院、渋谷院、池袋院、品川院、立川院、町田院、上野院、銀座院、横浜院、藤沢院、川崎院、千葉院、柏院、大宮院(さいたま)、名古屋院、大阪梅田院、大阪駅前院、大阪心斎橋院、大阪あべの院、神戸院、京都院、広島院、福岡院、小倉院、札幌院、仙台院、福島院があります。

 

公式ホームページからは無料カウンセリングの申し込みができます。また、モニター・キャンペーン情報、ビフォー・アフターの症例写真や、実際に脂肪溶解注射を受けた方の体験談も多数読むことができます。

 

もっと詳しく見る!